アレルギー性鼻炎
・花粉症ALLERGIC RHINITIS

アレルギー性鼻炎・花粉症

アレルギー性鼻炎・花粉症について

鼻の粘膜におけるアレルギー疾患で、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりが主な症状です。
通年性ではダニやハウスダストが主な原因で、季節性ではスギ(春)、ヒノキ(春)、カモガヤ(夏)、ブタクサ(秋)などの花粉症が中心で、しばしばアレルギー性結膜炎を合併して眼のかゆみが現れます。

典型的なアレルギー性鼻炎では、鼻の粘膜が白くむくんでいて、水のような鼻みずが大量に出ています。鼻みずの中には多数の好酸球が含まれています。

幅広い治療の選択肢を提案可能

耳鼻咽喉科では必ず鼻内を観察しますので、アレルギー性鼻炎・花粉症の重症度を正確に診断した上で、より的確な治療を行うことができます。さらに当院では、薬による治療以外にも舌下免疫療法やレーザー治療といった幅広い治療の選択肢を提案することが可能です。
アレルギー検査
アレルギーの検査について

特定のアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)に対する血液中の抗体の有無を調べる検査です。アレルギーの原因を特定することにより、適切な治療を行うことができます。

当院で行っている検査は以下の通りです。3割負担の場合、検査費用が約5,000円かかります。

イムノキャップラピッド

あらかじめ決められた8種類のアレルゲン(ヤケヒョウヒダニ、ゴキブリ、ネコ皮屑、イヌ皮屑、スギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ)を同時に調べることができます。検査は指先から少量の血液を採取するだけですのでお子さんには適しておりますが、検査項目数が少ないため大人の方にはおすすめしておりません。

* 当院では3歳未満のお子さんに対するアレルギー検査は行っておりません。
* 3歳以上かつ未就学児のお子さんは診察時にご相談ください。診察時に一人でじっと座っていられるお子さんであれば大抵は検査可能です。

CAP-RAST

調べられる項目数は最大13種類ですが、自由に項目を選択することが可能で、検査の精度が最も優れています。

*当院における標準検査項目:ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト、ネコ皮膚、イヌ皮膚、スギ、ヒノキ、ハンノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、アスペルギルス、アルテルナリア、ガ

MAST36アレルゲン

あらかじめ決められた36種類のアレルゲン(コナヒョウヒダニ、ハウスダスト1、ネコ皮屑、イヌ皮屑、オオアワガエリ、カモガヤ、 ブタクサ混合物1、ヨモギ、スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ、カンジダ、アルテルナリア、 アスペルギルス、ラテックス、トマト、モモ、キウイ、バナナ、ゴマ、ソバ、小麦、ピーナッツ、大豆、米、マグロ、サケ、エビ、カニ、ミルク、豚肉、牛肉、鶏肉、オボムコイド、卵白)を1回の採血で調べることができます。

* 食物アレルギーの確定診断には本検査のみでは不十分で、負荷試験などが必要になります。

アレルギー検査・比較表

イムノキャップラピッドCAP-RASTMAST36
項目数81336
項目選択できないできるできない
検査精度普通高い普通
検査方法指先から静脈採血静脈採血
結果まで20〜30分1週間1週間
おすすめ小学生中学生以上中学生以上

アレルギー性鼻炎・花粉症の治療

アレルギー性鼻炎・花粉症治療の第一歩は抗原の除去・回避です。マスク・眼鏡・ゴーグルの着用がよく知られた防御策ですが、近年は鼻洗浄器や空気清浄機を利用される方も増えてきました。ただし、抗原の除去・回避だけで鼻炎症状を緩和させることは容易ではなく、薬による治療が広く行われており、第二世代抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、鼻噴霧用ステロイドなどがよく使われています。
舌下免疫療法

「舌下免疫療法」詳細はこちらをご覧ください。

レーザー治療

「レーザー治療」詳細はこちらをご覧ください。

当院で受けるメリット

鼻の状態を確認したうえで治療ができる、というのが大きなメリットです。また、内科の診療であれば投薬治療がメインですが、耳鼻科では幅広い治療の選択肢があります。