小児耳鼻咽喉科

 耳鼻咽喉科の疾患は、お子さんがかかることが非常に多いのが特徴です。免疫の弱い小さなお子さんが中耳炎や副鼻腔炎にかかることはよくあることと思います。しかし、成長過程にあるお子さんは大人のミニチュアではありません。当院では、お子さん特有の疾患や成長を考慮しながら、安全で質の高い小児耳鼻咽喉科診療を提供いたします。また、当院がある浜町・水天宮前周辺には、仕事に子育てに忙しい保護者の方が大勢いらっしゃいます。お子さんの病気を治すことが最優先ではありますが、保護者の方のニーズも考慮して一緒に地域のお子さん達の健全育成に貢献できるようにお手伝いをさせていただきたいと考えております。以下のような症状は、遠慮なくご相談ください。

イメージ

  • 耳を痛がっている
  • 耳をよく触っている
  • 耳だれが出る
  • 聞き返しが多い、返事をしない
  • テレビのボリュームが大きい
  • 言葉が遅れている
  • 鼻みずや鼻づまりがある
  • 鼻をすすっている
  • 鼻血が出る
  • 鼻をよくいじっている
  • のどを痛がっている
  • 咳や痰が出る
  • 声がれがある
  • いびきがひどい
  • いつも口を開けている など

代表的な疾患

急性中耳炎

 耳と鼻をつなぐ耳管を通して、鼻から鼓膜の奥の中耳腔(鼓膜の内側にある空間)に細菌やウイルスが入り、急性の炎症が起きる疾患です。お子さんの耳管は大人に比べて太く短い上に水平に近いので、鼻やのどの細菌やウイルスが容易に耳に入ってしまいます。
 耳の痛み、発熱、耳だれが急性中耳炎の主な症状ですが、小さなお子さんの場合は言葉で痛みを訴えられずに、機嫌が悪い、しきりに耳を触っていることをきっかけとして発見されることがあります。黄色い鼻みずが続いている場合は注意が必要です。急性中耳炎の診断は鼓膜所見が大切ですので、当院では鼓膜を顕微鏡や内視鏡を使って詳細に観察し、保護者の方にも患部の状態を目で見てご理解いただけるように心がけています。
 軽症の場合は、自然回復を期待して解熱鎮痛薬などを処方して数日間経過を観察します。経過観察しても改善に乏しい場合や中等症以上の場合は、抗菌薬を処方します。経過によっては鼓膜切開術(鼓膜を少しだけ切って膿を出す治療)を併用します。近年抗菌薬に抵抗力を持った薬剤耐性菌による急性中耳炎が問題になっています。薬の自己中断が原因になることがありますので、当院や薬局での服薬指導をしっかり守っていただくことが大切です。

滲出性中耳炎

 鼓膜の奥の中耳腔(鼓膜の内側にある空間)に液体(滲出液)がたまる疾患です。耳と鼻をつなぐ耳管の機能が悪くなると中耳腔の換気が障害され、中耳の分泌物が排泄されにくくなります。副鼻腔炎やアデノイド増殖症があると滲出性中耳炎になりやすくなることもよく知られています。耳の痛みを伴わず、お子さんが自ら難聴を訴えることは難しいため、長期間見過ごされることがあります。小児期の難聴は、言語発達にも影響を及ぼしますので注意が必要です。滲出性中耳炎は自然に良くなることが期待できる疾患ですので、通常3か月間は手術をせずに経過を観察します。この間も副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎を合併している場合は、それらに対する適切な治療を行います。
 また鼓膜を顕微鏡や内視鏡を使って詳細に観察し、病的な変化が現れないかを確認します。鼓膜の所見は毎回画像ファイリングシステムに記録して保護者の方にも経過をご理解いただけるように心がけています。3か月以上たっても改善しない場合は、鼓膜チューブ留置術を検討します。鼓膜チューブは通常2〜3年留置しますが、途中で自然に脱落することがあります。当院では耳手術用の顕微鏡と鼓膜麻酔器を備えていますので、外来日帰り手術として鼓膜チューブ留置術を行うことが可能です。ただ、アデノイド切除術などを同時に行った方が良い場合、安全面などの理由から全身麻酔で行った方が良いと判断した場合は、連携施設に紹介させていただきます。
 院長は昭和大学病院で口蓋裂児の滲出性中耳炎外来を担当した経験があり、難易度の高い鼓膜チューブ留置術も数多く執刀してきました。お気軽にご相談ください。

耳垢栓塞

 外耳道に耳垢がつまった状態です。お子さんの耳掃除は難しいことが多いと思います。症状のない中耳炎が潜んでいることもありますので、耳の健康診断を兼ねて定期的に受診されることをおすすめします。
 当院では手術用顕微鏡や専用の器具を用いて安全な耳垢除去を心がけています。

外耳道異物/鼻腔異物

 お子さんが好奇心からビーズやBB弾などの異物を耳や鼻の中に入れてしまうことがあります。お子さん自ら異物を入れたと言わないことが多いので注意が必要です。外耳道異物は自覚症状がないことが多いですが、鼻腔異物は片側の鼻みずが続くことで発見されることがあります。もし入っているものがお分かりになる場合は、実物か写真を持ってきていただけると大変助かります。

小児副鼻腔炎

 ネバネバした黄色い鼻みずが続いている場合は、副鼻腔炎を考えます。のどの方にまわる鼻みずが多くなると湿った咳の原因にもなります。小児副鼻腔炎の治療は内服治療と鼻の局所処置が中心で、手術はほとんど行いません。
 当院では従来使用されている小児吸引用オリーブ管の他にシリコンゴムでできた細長い吸引チューブを採用し、お子さんの鼻みずを安全かつしっかり奥まで吸引するように心がけています。

アデノイド増殖症

 アデノイドとは、鼻の奥にあるリンパ組織のことで、咽頭扁桃とも呼ばれます。4〜5歳頃に最も大きくなり、成長につれて自然消退してきますが、アデノイドが大きいと、鼻づまり、口呼吸、いびき、睡眠時無呼吸、滲出性中耳炎の原因になることがあります。症状の程度によってアデノイド切除術をおすすめします。
 当院では細径の内視鏡で直接アデノイドを観察することが可能ですので、お子さんの症状が気になる方は遠慮なくご相談ください。

扁桃肥大

 口を開けて左右に見える口蓋扁桃が肥大した状態です。口蓋扁桃は6歳頃に最も大きくなり、成長につれて自然消退してきますが、口蓋扁桃が大きくいびきや睡眠時無呼吸の原因になっている場合や年に4〜5回の扁桃炎を繰り返す場合は、口蓋扁桃摘出術をおすすめしています。お子さんの症状が気になる方は遠慮なくご相談ください。